南アフリカ通貨が急落した原因

トップページ > 役に立つFXの知恵袋

FXとはくりっく365で成長するはず

今までも南アフリカランドは何度か急落を経験しています。例えば、2009年10月31日4時59分31秒に発生した南アフリカランドの急落は、くりっく365の健全性と透明性を揺るがす事態となりました。

FXとは「カバー先」と呼ばれる金融機関の価格がFX会社に伝わり、FX会社が一定のスプレッドを上乗せして、個人投資家に価格を示す取引です。そのスプレッド幅はFX会社で大きく異なり、不正がある可能性も否めないとされてきました。

そこで世界初のFXの取引所、東京金融取引所の外国為替証拠金取引のくりっく365が誕生します。価格決定のルールや業者の収入源が明確に定められました。

くりっく365ではくりっく365にあるデメリットでも説明しているようにマーケットメーカーが投資家にとって最も有利な価格を示すようにします。

買値が「1ドル=90円11銭、90円12銭、90円13銭、90円14銭、90円15銭」、売値が「1ドル=90円20銭、90円19銭、90円18銭、90円17銭、90円16銭」だとしたら、マーケットメーカーが「買値は90円15銭、売値は90円16銭」と決める仕組みです。

取引所がマーケットメーカーと直接つながることで、買い手と売り手の間に余計な価格帯が存在せず、透明性の高い取引が実現できます。

今回は買値が「1南アフリカランド=11円50銭台」だったのですが、急に「1南アフリカランド=8円40銭台」になりました。南アフリカランドが下がった原因は、原則5社存在するマーケットメーカーのうちの1社、ドイツのコメルツ銀行によるプログラムのバグが原因です。

他の4社は買値を「1ランド=11円50銭台」で提示していたのに、コメルツ銀行は「1ランド=8円40銭台」で提示しました。本来、この時点ではコメルツ銀行の提示価格が成立するはずがありません。

もちろん、優先的に売値と近い価格から売買が成立していくのですが、順番がコメルツ銀行に回ってきて、特に警告などもなく約定してしまいました。

コメルツ銀行は提示価格のミスを認めていますが、問題は実勢レートと乖離した価格が示されたときに、その価格を排除するシステムがないことです。

ただ、為替レートは乱高下する可能性もあり、閾値を決めるのは難しいでしょう。FXができなくなるくらい実勢レートとかけ離れるケースはまれとしていますが「くりっく365だから安心」と状態ではないことは確かです。



このエントリーをはてなブックマークに追加


次の記事     DMM.com証券
前の記事     ボリンジャーバンドの見方

初心者向けのFX講座

FXとは外国為替証拠金取引
外貨預金や株式投資と比較
FXに潜む5つのリスクを認識
FXの口座開設までの手順
副業にできるFXの情報収集

FXの専門用語を解説

スプレッドとは実質の手数料
スワップポイントとは金利差
レバレッジとは取引額の比率
通貨ペアとは外貨の組み合わせ
円高円安とは外貨との比較
ポジションとは未確定の損益
証拠金とは外貨購入の担保
証拠金維持率とは資産バランス
ロールオーバーとは決済先送り
マージンコールとは警告
ロスカットとは強制決済
追証とは証拠金の追加請求
スリッページとは価格のすべり
デモトレードとは練習用の口座

FXで稼ぐテクニック

チャートとは為替レートの動き
トレンドとは相場の方向性
成行注文とはすぐに約定可能
指値注文とは価格指定で有利
逆指値注文とはロスカット可能
IFDとは買いと決済が同時
OCOとは指値と逆指値注文
IFOとはIFDとOCOのセット
一目均衡表の明確な転換サイン
ボリンジャーバンドの見方

主要FX会社の一覧

GMOクリック証券
DMM.com証券
外為オンライン
ワイジェイFX
セントラル短資FX
ライブスター証券
IG証券
外為どっとコム

役に立つFXの知恵袋

為替レートが毎日動く理由
FXで納める税金は一律20.315%
くりっく365にあるデメリット
南アフリカ通貨が急落した原因