くりっく365にあるデメリット

トップページ > 役に立つFXの知恵袋

くりっく365は世界初の為替取引所

くりっく365(くりっくさんろくご)は東京金融取引所を介したFX市場の名称です。GMOクリック証券外為オンラインのような買い手と売り手が直接取引できる場を提供する「店頭FX」ではなく、株式と同様に東京金融取引所が管轄する「取引所FX」が行えます。

これは以前、ネットでFXができるようになった頃に悪質業者が参入し、投資家とFX会社の間でトラブルが絶えなかったり、FXを監督する公的機関がなかったことが要因です。

2005年7月に金融先物取引法が改正されて、安全性の高い取引所であるくりっく365が開設されました。同時に「金融庁への業者登録の義務付け」や「希望しない相手への勧誘の禁止」などを定めて、悪質業者の排除を促してFXの活性化を目指しました。

くりっく365の信用力は群を抜いています。通常のFX会社と違い、営業主体が東京金融取引所ですので、公正かつ透明性の高い取引が保証され、安全なFXが行えるようになりました。

投資家の証拠金もすべて取引所に預託されるため、仮に会社が破綻しても証拠金は全額守られます。過去には一般的なFX会社では、その会社が破綻すると証拠金が戻ってこないこともありました。

スワップポイントも高く、マイナススワップとプラススワップに差がないため、スワップ派は有利なレートで資産を運用できます。

さらに税制の優遇が最大のメリットと言えます。税率は20%固定の申告分離課税であり、先物取引と合算ができます。損失の3年間繰越もくりっく365ならではです。

しかしながら、2012年より店頭FXも税率は一律20%になったため、最大のメリットはなくなりました。現時点ではくりっく365は購入手数料が高いために、店頭FXを利用する人のほうが多くなっています。

マーケットメイク方式で同一レート

くりっく365では価格に公平性を持たせるために「マーケットメイク方式」を採用しています。マーケットメイク方式とは、常に買いと売りの気配値を提示して、投資家の注文にいつでも応じられる仕組みです。

そのマーケットメイク方式の環境を整える金融機関は「マーケットメイカー」と呼び、2013年1月時点では「ゴールドマン・サックス証券、ドイツ銀行、コメルツ銀行、野村證券、三菱東京UFJ銀行」の5社がマーケットメイカーとして参入しています。

くりっく365では複数のマーケットメイカーが取引所に提示するレートのうち、投資家にとって最も有利となる価格を合成することができます。

そのため、くりっく365を扱うFX会社のどこを経由しても、同じ時間であれば、同じ価格で取引できるため、価格の透明性が非常に高いです。

逆に店頭FXでは為替レートにスプレッドを上乗せしているので、FX会社によって買値と売値にバラつきが生まれています。スプレッドはFX会社の実質手数料であり「スプレッドが小さいFX会社がベスト」と言われるまでになりました。

ただし、くりっく365はスプレッドがないですが、売買手数料がかかってしまいます。このコストが実は店頭FXのスプレッドよりもかなり高いために、くりっく365で有利な価格で取引できるとしても、必ずしもトータルコストの削減には繋がりません。

デメリットが残る発展途上のくりっく365

安全性と信用力で申し分なく、スワップポイントは一本値、スプレッドも小さく価格が一定であるのなら、店頭FXと比較しても「くりっく365を利用したほうが得」に思えますが、一概にもそうは言えません。

くりっく365が不利な点はシステムが使いづらいことです。24時間稼動していても朝方1時間使えなかったり、公平のためのマーケットメイカーが異様なスプレッドを提示していたこともありました。

また、初心者にくりっく365が浸透しない理由は取引手数料を取られることです。通常のFX会社が売買手数料が0円にも関わらず、くりっく365では取引のたびに100円、200円、300円と支払うのはあまり納得できるものではないですし、金額が高すぎます。

確かにFX会社もスプレッドという形で、実質的な売買手数料となる金額を徴収しているのですが、コストアップは抵抗感を覚えます。

次に店頭FXでは30種類、50種類、100種類近くの通貨ペアを扱うFX会社がある一方、くりっく365の扱う通貨ペアは米ドルやユーロなどの23通貨ペアと種類が少ないです。

取引できる通貨単位は1万通貨単位以上ですし、レバレッジは25倍までとなっていますので、店頭FXと比較するすべての項目において「劣っている」と思う投資家も多いです。

大手のFX会社がくりっく365に参入すれば、競争が激化して、取引手数料が下げられて、サービスも向上するはずですが、従来通りの店頭FXのみで何も問題ないため、今後、くりっく365を利用した取引所FXの市場規模は「衰退期に入る」と予想できます。



このエントリーをはてなブックマークに追加


次の記事     副業にできるFXの情報収集
前の記事     IFOとはIFDとOCOのセット

初心者向けのFX講座

FXとは外国為替証拠金取引
外貨預金や株式投資と比較
FXに潜む5つのリスクを認識
FXの口座開設までの手順
副業にできるFXの情報収集

FXの専門用語を解説

スプレッドとは実質の手数料
スワップポイントとは金利差
レバレッジとは取引額の比率
通貨ペアとは外貨の組み合わせ
円高円安とは外貨との比較
ポジションとは未確定の損益
証拠金とは外貨購入の担保
証拠金維持率とは資産バランス
ロールオーバーとは決済先送り
マージンコールとは警告
ロスカットとは強制決済
追証とは証拠金の追加請求
スリッページとは価格のすべり
デモトレードとは練習用の口座

FXで稼ぐテクニック

チャートとは為替レートの動き
トレンドとは相場の方向性
成行注文とはすぐに約定可能
指値注文とは価格指定で有利
逆指値注文とはロスカット可能
IFDとは買いと決済が同時
OCOとは指値と逆指値注文
IFOとはIFDとOCOのセット
一目均衡表の明確な転換サイン
ボリンジャーバンドの見方

主要FX会社の一覧

GMOクリック証券
DMM.com証券
外為オンライン
ワイジェイFX
セントラル短資FX
ライブスター証券
IG証券
外為どっとコム

役に立つFXの知恵袋

為替レートが毎日動く理由
FXで納める税金は一律20.315%
くりっく365にあるデメリット
南アフリカ通貨が急落した原因