IFDとは買いと決済が同時

トップページ > FXで稼ぐテクニック

自動売買なら忙しくても何度も取引可能

IFD(イフダン)注文とは「If Done」の略で「もし~したら」を意味します。新規の指値注文と別の指値注文を同時に行える注文方法です。

成行注文、指値注文、逆指値注文との違いは2つの指値注文が1度にできることです。これはリアルタイムで取引ができない人の助けになります。

1つ目の注文が成立した後に、2つ目の注文が自動で行われます。このような仕組みから「連続注文」とも呼ばれています。

ただし、1つ目の注文が終わらなければ、2つ目の注文が開始されることはありません。1つ目の注文と2つ目の注文の両方について、自分の希望通りに為替レートが動かなければ実行されることもないです。

例えば「1ドル=100円」のとき、1つ目の注文は101円になったら買う、2つ目の注文は99円になったら売ると設定したとします。

ただし、101円にならなければ1つ目の注文は発動しません。仮に101円になって自動的に買えたとしても、99円にならなければ売らないわけです。

また、先に99円になったとしても、1つ目の101円が成立していないので、2つ目の99円の売りも発動しません。

しかしながら、予想通りに101円になったあとに99円になれば、両方が成立するので、1回の注文で2円分の収益が受け取れます。IFD注文はFXの中でも割と使いやすい連続注文です。

レンジ内での利益確定と損切りで活用

仮に「1ドル=100円」の指値で買い注文を設定して、この注文が成立したあとに101円まで上がったら決済する注文を出すことで、利益確定の売りができます。逆に99円まで下がったら決済する注文を出すことで、損益限定の売りでロスカットできます。

ただ、IFD注文ではどちらかと言えば、ロスカットが目的で使うことになります。1つ目の注文「100円になったら買う」は問題ないですし、2つ目の注文「101円になったら売る」といった利益確定も、自動的に取引が完了して儲けが出るので嬉しいです。

しかし、仮に指値注文が成立した後に「1ドル=105円」まで上がったにもかかわらず、101円で売ってしまってはもったいないですし、逆に「1ドル=95円」に急落したら、含み損のポジションを放置することになります。

そこで逆指値と同じように、2つ目の注文は「99円になったら売る」とロスカットすることで、大きな損失を被ることがなくなります。

このようにIFD注文は新規ポジションが確定しても、同時に決済注文が設定できます。決済注文とはすでにあるポジションを解消する注文のことです。買い持ちポジションがあるなら売り、売り持ちポジションがあるなら買いを行うことになります。

通常、成行注文か指値注文のときは、逆指値注文を入れてロスカットを設定します。IFD注文は「指値注文+逆指値注文」を同時に行うような感じです。

FXに慣れるまでは損切りを毎回行う習慣ができることを優先しましょう。FXとは損失を限定できるのなら損切りを多用し、決済は自らチャートを見て判断するほうがいいです。



このエントリーをはてなブックマークに追加


初心者向けのFX講座

FXとは外国為替証拠金取引
外貨預金や株式投資と比較
FXに潜む5つのリスクを認識
FXの口座開設までの手順
副業にできるFXの情報収集

FXの専門用語を解説

スプレッドとは実質の手数料
スワップポイントとは金利差
レバレッジとは取引額の比率
通貨ペアとは外貨の組み合わせ
円高円安とは外貨との比較
ポジションとは未確定の損益
証拠金とは外貨購入の担保
証拠金維持率とは資産バランス
ロールオーバーとは決済先送り
マージンコールとは警告
ロスカットとは強制決済
追証とは証拠金の追加請求
スリッページとは価格のすべり
デモトレードとは練習用の口座

FXで稼ぐテクニック

チャートとは為替レートの動き
トレンドとは相場の方向性
成行注文とはすぐに約定可能
指値注文とは価格指定で有利
逆指値注文とはロスカット可能
IFDとは買いと決済が同時
OCOとは指値と逆指値注文
IFOとはIFDとOCOのセット
一目均衡表の明確な転換サイン
ボリンジャーバンドの見方

主要FX会社の一覧

GMOクリック証券
DMM.com証券
外為オンライン
ワイジェイFX
セントラル短資FX
ライブスター証券
IG証券
外為どっとコム

役に立つFXの知恵袋

為替レートが毎日動く理由
FXで納める税金は一律20.315%
くりっく365にあるデメリット
南アフリカ通貨が急落した原因