指値注文とは価格指定で有利

トップページ > FXで稼ぐテクニック

売買が激しい時間帯は指値で注文

指値(さしね)注文は成行注文と違い、事前に価格を指定できるものです。別名「リミットオーダー」とも呼ばれています。今のレートより低いレートで買い注文、もしくは高いレートで売り注文を指定する注文方法です。

例えば「とにかく買いたい!」といった成行注文をした場合、誰かの「この価格で売りたい!」という指値注文を買うことになります。

成行注文はある程度は適正価格で取引できますが、相場の流れよりも少しだけ不利な価格で確定することが多いです。そもそも、自分で金額を指定する指値注文のほうが一般的で、成行注文は相場の流れに任せています。

指値注文では指定した為替レートになったときに自動で売買を行ってくれますし、注文の有効期限も設定できるので、為替レートの動きを常時チェックできない場合も役に立つ注文です。注文した後に売買が成立しなければ、指値注文の取り消しもできます。

ただ、自分で設定した指値に達しないと取引が行われません。無理のない取引ができると考えられますが、トレンドの分析を徹底させることで、ベストな額を指定しないと取引がなかなか成立しないことがあります。

成行に任せなければ指値はお得

例えば「1ドル=100.123円」のときに「もう少しだけ米ドルが安くなってから買いたい」と思い、一旦「1ドル=99.500円」で買いの指値注文を出しました。

その後、米ドルの価格は下がり、買値が99.500円になったときに、指値注文は約定します。指定したレートに達しなかったときは、その注文は期限まで有効です。

売りも同じで「1ドル=100.123円」のときに「もう少しドルが高くなってから売りたい」と思えば、一旦「1ドル=100.623円」で売りの指値注文が出せます。

ここで売値が100.623円に届かなかったら、注文は取り消せますし、届いたら意図した価格で約定できるので、得した感覚になります。

もし、成行注文だと「1ドル=100.123円」で買い注文しても、売りたい人の最安値が100.234円ですと、100.234円で購入することになるわけです。

実際の取引では「1ドル=100円」だとしたら0.1銭くらいの差異が発生します。1万通貨取引では100円に相当するでしょう。10万通貨では1,000円にもなります。

約定しにくいときは成行注文がベターですが、指定した価格まで「買値」が下がったときに買う、もしくは指定した価格まで「売値」が上がったときに売ることを繰り返すと、少しずつ成行注文と指定注文で差益が膨らんでいきます。



このエントリーをはてなブックマークに追加


初心者向けのFX講座

FXとは外国為替証拠金取引
外貨預金や株式投資と比較
FXに潜む5つのリスクを認識
FXの口座開設までの手順
副業にできるFXの情報収集

FXの専門用語を解説

スプレッドとは実質の手数料
スワップポイントとは金利差
レバレッジとは取引額の比率
通貨ペアとは外貨の組み合わせ
円高円安とは外貨との比較
ポジションとは未確定の損益
証拠金とは外貨購入の担保
証拠金維持率とは資産バランス
ロールオーバーとは決済先送り
マージンコールとは警告
ロスカットとは強制決済
追証とは証拠金の追加請求
スリッページとは価格のすべり
デモトレードとは練習用の口座

FXで稼ぐテクニック

チャートとは為替レートの動き
トレンドとは相場の方向性
成行注文とはすぐに約定可能
指値注文とは価格指定で有利
逆指値注文とはロスカット可能
IFDとは買いと決済が同時
OCOとは指値と逆指値注文
IFOとはIFDとOCOのセット
一目均衡表の明確な転換サイン
ボリンジャーバンドの見方

主要FX会社の一覧

GMOクリック証券
DMM.com証券
外為オンライン
ワイジェイFX
セントラル短資FX
ライブスター証券
IG証券
外為どっとコム

役に立つFXの知恵袋

為替レートが毎日動く理由
FXで納める税金は一律20.315%
くりっく365にあるデメリット
南アフリカ通貨が急落した原因