トレンドとは相場の方向性

トップページ > FXで稼ぐテクニック

トレンドがわかれば負ける確率が減る

相場の方向性を意味するものとして、FXでは「トレンド」という言葉が使われます。トレンドは上昇と下降、または短期や長期を頭につけて呼びます。

はじめに「上昇トレンド」とは為替レートが上下にある程度は変動しつつも、最終的には上昇に向かうようなことです。「下降トレンド」は上昇トレンドの逆で、結果として下降に向かうような形になります。

トレンドがわかれば負ける確率が減る

このチャートはパッと見ても下降トレンドであることがわかります。これに高値か安値だけを直線で結んだ「トレンドライン」と呼ばれる赤線を付け加えてみました。

今後はこのトレンドラインに沿って、チャートが動いていく流れになります。逆にこのトレンドラインを上に突き抜けると、相場が上昇トレンドになったと判断でき、また別のトレンドラインを引くことができます。

また、1日単位の小さなトレンドを「短期トレンド」、週足や月足単位のトレンドを「長期トレンド」と読んでいます。

グランビルの法則で売買ポイントを認識

投資をする上で不可欠なルールがグランビルの法則です。既に古典的と揶揄されることもありますが、この法則を知らないで投資で稼ぐ人はまれです。

グランビルの法則では移動平均線の転換点を捉える重要な8個のポイントを説明しています。これをマスターすると売買勝率はグッと上がります。

グランビルの法則で売買ポイントを認識

売買ポイント説明
買(1)長期的な下落トレンドの後、横ばい状態になって上昇に転じ、為替レートが移動平均線を抜いたときに、強い買いシグナルと判断できます。
買(2)上昇トレンド中に、為替レートが移動平均線を少し割り込むくらいに落ちてきた後、横ばいになったときに、なお上昇すると見て追加で買います。
買(3)為替レートが足踏みしながらも、上昇トレンド中の移動平均線とクロスしないで再度上げ始めたときに、高い確率で為替レートは前以上に元気に上がります。
買(4)下降トレンド中に、為替レートが移動平均線を大きく割り込んで、平均船との乖離が大きくなったときに、下げすぎと判断して、リバウンドを狙います。
売(1)長期的な上昇トレンドの後、横ばい状態になって下降に転じ、為替レートが移動平均線を抜いたときに、強い売りシグナルと判断できます。
売(2)下降トレンド中に、為替レートが移動平均線を少し越えても、それ以上上げずに横ばいになったときに、再び下げると見て追加で売ります。
売(3)為替レートが足踏みしながらも、下降トレンド中の移動平均線とクロスするかしないかで、再度下げ始めたときに、為替レートは前以上に急落します。
売(4)上昇トレンド中に、為替レートが移動平均線を大きく上回り、平均船との乖離が大きくなったときに、過熱感があると判断して、一時的な下げを狙います。


このエントリーをはてなブックマークに追加


初心者向けのFX講座

FXとは外国為替証拠金取引
外貨預金や株式投資と比較
FXに潜む5つのリスクを認識
FXの口座開設までの手順
副業にできるFXの情報収集

FXの専門用語を解説

スプレッドとは実質の手数料
スワップポイントとは金利差
レバレッジとは取引額の比率
通貨ペアとは外貨の組み合わせ
円高円安とは外貨との比較
ポジションとは未確定の損益
証拠金とは外貨購入の担保
証拠金維持率とは資産バランス
ロールオーバーとは決済先送り
マージンコールとは警告
ロスカットとは強制決済
追証とは証拠金の追加請求
スリッページとは価格のすべり
デモトレードとは練習用の口座

FXで稼ぐテクニック

チャートとは為替レートの動き
トレンドとは相場の方向性
成行注文とはすぐに約定可能
指値注文とは価格指定で有利
逆指値注文とはロスカット可能
IFDとは買いと決済が同時
OCOとは指値と逆指値注文
IFOとはIFDとOCOのセット
一目均衡表の明確な転換サイン
ボリンジャーバンドの見方

主要FX会社の一覧

GMOクリック証券
DMM.com証券
外為オンライン
ワイジェイFX
セントラル短資FX
ライブスター証券
IG証券
外為どっとコム

役に立つFXの知恵袋

為替レートが毎日動く理由
FXで納める税金は一律20.315%
くりっく365にあるデメリット
南アフリカ通貨が急落した原因