チャートとは為替レートの動き

トップページ > FXで稼ぐテクニック

頭でわからないことをチャートで考える

為替レートの動きを時系列で示すグラフが「チャート」です。大抵は縦軸に為替レートの値、横軸に時間を置きます。

頭でわからないことをチャートで考える

右向きに見ていくと、為替レートが時間の経過とともにどのように変化したのかがわかります。株式や先物の価格変動でもチャートで表すのが一般的であり、FXのチャートだから特別に何か違うというわけではありません。

為替レートのチャートは、FX会社のサイトやツールで無料で確認できます。たまに「未来を予測できるのがチャートである」と言われることもありますが、予測というより現状を分析しているのみです。

未来は今までチャートが描いたパターンで自ら予測します。チャートで予測することを「テクニカル分析」と呼びますが、これはスキャルピングやデイトレードなどの短期決戦を決める際には特に有効です。

中長期的な予測になると、政治や経済の状況、気象条件、有事までも総合的に踏まえて、現在の為替レートが割安か割高を考える「ファンダメンタルズ分析」が必要となります。

また、チャートにもいくつか種類がありますが、その全てが直近の影響力を元にグラフを算出し、チャートを作っています。チャートを分析することで、これからの為替レートの動きを予測して、取引のタイミングを考えるのがFXで基本です。

ローソク足で為替の動きが読める

チャートは右下のような「ローソク足」が連なってできています。このローソクは上にだけ芯が飛び出ているのではなく、上下に芯があったりします。

ローソク足で為替の動きが読める芯の上端が高値です。ローソク足の対象となる時間内についた最高値です。逆に芯の下端は安値で、時間内で最安値となります。

この芯は「ヒゲ」と呼ぶのが一般的です。上側の芯は「上ヒゲ」、下側の芯は「下ヒゲ」という名前がついています。

このヒゲは高値と安値を表しますので、その時間内でどのくらい変化があったかが一目でわかります。

さらにローソクは白と黒に分かれ、開始時の為替レートを表す「始値」、終了時の為替レートを表す「終値」があります。先に登場した高値、安値、始値、終値の4つを合わせて「4本値」と呼びます。

白いローソクは下端が始値で、上端が終値です。為替レートが開始時より上がって取引が終了したことになります。このようなローソク足を「陽線」と呼びます。

黒いローソクは下端が終値で、上端が始値です。終値のほうが安いため、為替レートが開始時よ下がって取引が終了しています。このようなローソク足は「陰線」と呼ばれます。

また、ローソク足とはある時間内の変化を表しますが、その時間が1日だと「日足」、1ヵ月だと「月足」と呼びます。時間を短くすれば、4時間足、1分足、逆に1年足も存在します。

ここで紹介したチャートはローソク足を並べただけのシンプルなチャートですが、FXのチャートには「移動平均線、一目均衡表、MACD、RSI、ボリンジャーバンド、ストキャスティクス、DMI」といった、分析結果を反映させた高機能チャートが他にもたくさんあります。



このエントリーをはてなブックマークに追加


初心者向けのFX講座

FXとは外国為替証拠金取引
外貨預金や株式投資と比較
FXに潜む5つのリスクを認識
FXの口座開設までの手順
副業にできるFXの情報収集

FXの専門用語を解説

スプレッドとは実質の手数料
スワップポイントとは金利差
レバレッジとは取引額の比率
通貨ペアとは外貨の組み合わせ
円高円安とは外貨との比較
ポジションとは未確定の損益
証拠金とは外貨購入の担保
証拠金維持率とは資産バランス
ロールオーバーとは決済先送り
マージンコールとは警告
ロスカットとは強制決済
追証とは証拠金の追加請求
スリッページとは価格のすべり
デモトレードとは練習用の口座

FXで稼ぐテクニック

チャートとは為替レートの動き
トレンドとは相場の方向性
成行注文とはすぐに約定可能
指値注文とは価格指定で有利
逆指値注文とはロスカット可能
IFDとは買いと決済が同時
OCOとは指値と逆指値注文
IFOとはIFDとOCOのセット
一目均衡表の明確な転換サイン
ボリンジャーバンドの見方

主要FX会社の一覧

GMOクリック証券
DMM.com証券
外為オンライン
ワイジェイFX
セントラル短資FX
ライブスター証券
IG証券
外為どっとコム

役に立つFXの知恵袋

為替レートが毎日動く理由
FXで納める税金は一律20.315%
くりっく365にあるデメリット
南アフリカ通貨が急落した原因