ロールオーバーとは決済先送り

トップページ > FXの専門用語を解説

2営業日に決済する外国為替取引

ロールオーバーは本来「rollover(転がす)」という意味で、金融業界では「資金を移管する」という訳が適しています。

外国の通貨を交換する際は、取引が成立してから2営業日後に現金の受け渡しが行われます。お金を用意する準備期間として、若干の猶予日が設けられているわけです。

通常であれば、FXとは決済日も取引成立日から2営業日後となりますが、このルールを厳密に守りすぎてしまうと、FXでは困ったことになります。

レバレッジで2倍、5倍、10倍と証拠金を元手に、大量の外貨を取引しているので、決済されると現金をFX会社が肩代わりしないといけません。

レバレッジで膨れ上がった金額を準備できるほどFX会社をはじめ、銀行や証券会社でさえ資金は潤沢ではないですし、そもそも決済する必要性もありません。

FXとは為替収益やスワップポイントで利益を得ることが目的ですから、2営業日後に決済してしまうと、レバレッジで増えた金額分を損するリスクが生じてしまいます。

そこで考案されたのが決済日を先送りする方法です。この先送りする行為を「ロールオーバー」といい、この仕組みを「ロールオーバー方式」と呼んでいます。

決済日で変わるスワップポイント

ロールオーバーとは未決済の契約数を意味する「ポジション(建玉)」において、資金の移動をすることなく、反対売買をしたときに差金決済が行われる仕組みです。

例えば、4月1日に米ドル/円を「1ドル=100円」で1万ドル買う取引をしました。決済日は4月1日の2営業日後の4月3日です。

4月1日に買った分と同額のドルを4月2日付で売り、すぐに同額のドルを買う取引を行います。そうすれば、次の決済日は4月2日の2営業日後の4月4日になります。

このロールオーバーを何度も繰り返して、自分が売りたいときまで決済を先延ばしし続けることができます。

ロールオーバーした時点では売買が成立しているため、為替に応じた金額と金利差の清算を行います。全額決済ではなく、差額分だけを清算するので、まとまった現金を送る必要もありません。

また、先送りする決済日は2日後ではなく、2営業日後になります。取引日が月曜日なら決済日は水曜日ですが、火曜日にロールオーバーすれば決済日が木曜日に変わります。

取引日が水曜日なら決済日は金曜日ですが、木曜日にロールオーバーすれば決済日は土曜日ではなく、休み明けの月曜日に持ち越されるわけです。

ちなみに金融機関が土日に休みの国であれば日本と同じ感覚ですが、金融機関の休業日は各国ごとに異なるので、決済日が行われる日時にはズレが生じます。



このエントリーをはてなブックマークに追加


初心者向けのFX講座

FXとは外国為替証拠金取引
外貨預金や株式投資と比較
FXに潜む5つのリスクを認識
FXの口座開設までの手順
副業にできるFXの情報収集

FXの専門用語を解説

スプレッドとは実質の手数料
スワップポイントとは金利差
レバレッジとは取引額の比率
通貨ペアとは外貨の組み合わせ
円高円安とは外貨との比較
ポジションとは未確定の損益
証拠金とは外貨購入の担保
証拠金維持率とは資産バランス
ロールオーバーとは決済先送り
マージンコールとは警告
ロスカットとは強制決済
追証とは証拠金の追加請求
スリッページとは価格のすべり
デモトレードとは練習用の口座

FXで稼ぐテクニック

チャートとは為替レートの動き
トレンドとは相場の方向性
成行注文とはすぐに約定可能
指値注文とは価格指定で有利
逆指値注文とはロスカット可能
IFDとは買いと決済が同時
OCOとは指値と逆指値注文
IFOとはIFDとOCOのセット
一目均衡表の明確な転換サイン
ボリンジャーバンドの見方

主要FX会社の一覧

GMOクリック証券
DMM.com証券
外為オンライン
ワイジェイFX
セントラル短資FX
ライブスター証券
IG証券
外為どっとコム

役に立つFXの知恵袋

為替レートが毎日動く理由
FXで納める税金は一律20.315%
くりっく365にあるデメリット
南アフリカ通貨が急落した原因